新幹線を利用するスノボツアーに参加する事のメリット

バスツアーに注目が集まりがち

スノーボードとは幅広い年代の愛好者がいるスキーと比べて若者に愛されている傾向のウインタースポーツです。そして、所得が少ない若年層の間では新幹線ツアーよりも明確に料金が安いバスツアーに注目が集まりがちなところがあります。

バスツアーと新幹線ツアーの比較

バスツアーは確かにトータルのコストが安く済むのはメリットながら幾つか大きなデメリットも存在します。まず、新幹線で1時間程度で着く場所でもバスだと3時間前後の時間を要し、3時間もあると乗り物の中で寝られない人は暇を持て余してしまう傾向です。また、例えばバスで3時間以上かかる場所に行くとなると、日帰りツアーにおいては現地にあまり長く滞在していられません。さらにバスの日帰りツアーとは新幹線ツアーと比べて出発時間が早いため、朝に早起きをする事が求められます。それに比べて新幹線ツアーは自由席に乗る場合であれば乗る号は自由なため現地滞在時間が短くていいなら早起きする必要がありません。指定席に乗車するツアーも、乗る号をある程度選択できるため、あまり早起きしたくない場合は遅い時間帯に出発する号を選べば大丈夫です。

東京からのおすすめ目的地

東京駅は全国各地を走る新幹線の発着駅となっていますが、新潟や長野のスキー場密集地からもある程度近いため、新幹線に乗ると短時間で到着します。その中で天然雪の上を滑りたい場合は、新潟県湯沢町の越後湯沢駅付近のスキー場を目的地とするツアーに参加するのがおすすめです。料金的には一番安いツアーは平日の料金設定が8000円台となっており、バスツアーとそんなに大きな差はありません。

スノボツアーは、個人で旅行を手配するよりも費用を節約でき、人気のゲレンデで朝から楽しむことができます。